宗自然農園について

お客様からの嬉しいお便り

実家がみかん農家だけど、こんな美味しいみかんは初めてで、衝撃的です。(山梨県 I)

この蜜柑を食べて人生観が変わりました。
(福岡県 Y)

お蜜柑たち!笑っていますよね。
とっても嬉しそうで、
見ているだけでこちらも笑顔になるのです。

箱を開けた瞬間の何とも言えない香りに思わず
「わたし、ここで働きたい!」と叫んでしまいました(笑)
(大阪府 Y様)

2017.12.03
※ご好評につき2017年度分の金の蜜柑は完売いたしました。


ご挨拶
  • 7代先の未来まで持続可能な農あるくらしーパーマカルチャーや自給自足可能な田舎暮らしについて
  • 土や微生物による自然界の循環について
  • 音楽のもつ周波数や人体が所有し発する波動について
  • 月の満ち欠けや惑星が及ぼす様々な影響について...。

私たちは、現代の科学をもってしても計り知れない地球の神秘と共に現代を生きています。

あなたは、宗自然農園のことを知人の方から聞かれて、このサイトにお越しになられたでしょうか?
もしくは、インターネットで検索していてたどり着かれたのでしょうか?

地球に生きる皆様、大変お世話になっております。
地球環境を守る百姓業「宗自然農園」代表・宗純平です。

宗自然農園はこれまで、心から安心して選べる食物を求められているお客様を大切に、
地球にとって思いやりのあるライフスタイルを志し、夫婦二人三脚で「農あるくらし」を営んでまいりました。

人にも、自然にも優しい農のスタイルを目指し、土の中の生態系のバランスを配慮しながら自然栽培を続けています。
農薬も化学肥料も使用しないことで土壌へ有害な物質が溶け込んでしまうことを防ぐことができ、山・川・海・空と続く大切な循環を正していくことで、地球環境を守ることに繋がっていきます。


宗自然農園の農作物がお客様に選ばれている理由

近年、世の中全体で食の安全性についての関心が高まっています。
食べ物が体をつくる”という言葉が示す通り、私もあなたも、食べ物ナシでは生命を維持することすら困難になってしまいます。

私たち大人の身体だけではなく、父親・母親の食べているものの影響はその子どもの健康にも切実に関わってきます
安全性の高い、健康的な食べ物を食べていくことがあなた自身を守り、あなたの大切な家族を守ることに繋がります
また、消費者の皆様に安全な生産物を選んでいただくことは、安全な作物をつくりたい農家の活動をサポートすることになります

利益重視よりも大切なものは"心"だろう。

私たち夫婦はこの「食の安全性」について真剣に考えました。そして、その食を産み出してくれる、かけがえのない地球環境のことも。


自分たちの食をより安全なものに整えていく中で、
様々な出会いや試みから自然栽培という栽培方法に行き着いたのは必然でした。
自然界から授かる生命の恵みを、皆様と共有したいという想いで宗自然農園を立ち上げ、営農を行っています。

農作物の「見た目」のお話

皮に傷がついているみかん。
葉にこすれ、傷がついても
自己治癒力の高い自然栽培みかんは腐れずに傷を修復します。

味そのものよりも、とにかく見た目の良いみかんが良いとされるような価格相場やサイズ基準は農協によってつくられた市場価値観ですが、

つやつや光沢のついた「傷ひとつついていないみかん」をつくるには自然なやり方ではほぼ不可能だと思われます。見た目を綺麗にするために、必ず何かしらの薬剤が使われているハズです。


例えば、傷や黒点をつけないために農薬を散布し、皮に色艶を出すためにワックスをつける等の工程があります。

それは人体にとって微量ながら確実に蓄積していく毒性があり、真綿で締め付けるように少しずつ、しかし確実に嬉しくない作用を及ぼします。特に、大切な子どもの身体には摂り入れたくない成分です。

肥料について

化学肥料は土中微生物たちの豊かな生態系バランスを壊してしまいます。
例え有機肥料であってもあげすぎると窒素分が多すぎる状態になり、人体にとって発がんリスクが高い作物になってしまいます。


近年、無農薬やオーガニックが逆に危険だと言われているのはコレが原因です。
(もちろん、農薬を使用した作物より断然オーガニックや無農薬の方を私たちは選んでいますが...)

私たち夫婦は一所懸命に考えました。どうすれば子ども達にも安心して食べてもらえるみかんが育つのか。土壌を汚染し、地下水に溶け込むことで海に流れていく有害物質を無くしくていくにはどうすればいいのか。

自然栽培への挑戦

試行錯誤の中で行き着いた方法が、"自然栽培"という栽培方法でした。
農薬も、肥料も有機肥料すらも使用せず、自然の力だけでみかんを育てる

自然の力を最大限に活用することで、安心・美味・健康的 と三拍子揃ったみかん本来のパワーを100%引き出すことができるのです。

自然栽培のみかんを栽培するのは口で言うよりも大変難しく、毎年のように挑戦しては挫折してゆく新規就農者が後を絶ちません。

そのため、とてもではありませんが大量生産向きではありません。市場価格よりも希少で安くはないです。見た目もスーパーのものより綺麗ではありません。

しかし、熊本の大いなる自然の力で育まれた、植物本来の逞しい生命力を引き出すようにして栽培を行った宗自然農園の金の蜜柑は、ここでしか味わえないであろう"味力"をたっぷり持っています。

その豊かな味わいは、市場のみかんとは同じレベルで測れない程、濃厚です。

じゅわっ!と噛みしめると弾ける果汁が味覚を優しく刺激します。

自然栽培"金の蜜柑"は皮ごと食べても美味しく安心して召し上がっていただけます。
私たちが自然栽培を続けていけるのも、自然界と自然を愛する多くの方々が宗自然農園の活動を伝えてくださったからです。

本当に感謝しております。


耕作放棄地を再生し、再活用することで里山を守りたい

放棄され、竹林と化した蜜柑畑。
宗自然農園の蜜柑畑は、こういった場所の開墾から始まりました。

私たちが農あるくらしを営む熊本の農村部では、農業・林業・猟師などの後継者不足がものすごく深刻です。ざっと挙げるだけでも以下のような問題点が考えられます。

  • 美しかったはずの里山は竹林に覆われ、竹山に。
  • 竹山にはイノシシ・鹿などが増えていき貴重な農作物を頻繁に荒らすように。
  • イノシシ・鹿を仕留める猟師も不足している。
  • 食料自給率が上がらず、輸入食品に頼らざるを得ない状況がこれからも続く。
  • 膨大な歴史の中で先人たちが築き上げた生活の知恵と技術が失われていく。
 

田舎では高齢化が都市部よりも深刻な問題となっています。
これまでずっと農業に携わってこられた先人方の多くが引退済み、もしくは引退を遠くない未来に考えておられ、これまで大切に育ててきた生命の畑に後継者がいない問題がしばしば見られます。

農地から人がいなくなり、耕作放棄地が増えていくことでドンドンと山林は荒れていき、安全性の保証が怪しい輸入食料に頼らざるを得ない状況がくるのでは...?と、日本の未来に対し少なくない危機感を感じるようになりました。

そこで私たちは、後継のいない耕作放棄地を引き受け、再生させて農に取り組むことを決意するようになりました。

それも時間をかけて自然栽培で取り組んでいくことで、農家の後継問題を少しずつ解消していき、美しい田舎の里山を取り戻すことができると考えたからです。
耕作放棄地に手を入れ、まともに営農できる状態までもっていくのは文章で伝えることが難しいほど大変な労力です。
放棄地の状況にもよりますが、はじめに取り組みをはじめて半年〜1年間はまともに収穫することすら難しい状態だったため大変苦しい状況が続きました
さらに、農家の家系でもない私たちには道具も資金もまともに持ち合わせていない状態からスタートした為、一所懸命に智慧を絞りながら地道な作業の日々が続きました。

それでも、地道な取り組みを継続していく中で少しずつ応援してくださる方が増えていき、2015年には晴れて熊本市認定新規就農者として登録に成功。現在に至るまで、私たちの活動を応援してくださっているあなた様をはじめとした皆様のお力添えにより美味しい金の蜜柑を育てることができています。
宗自然農園の金の蜜柑は、皆様ひとりひとりの温かい愛に包まれ、全国のお客様に出荷されます。


農園長からあなた様へ

宗自然農園では「農あるくらしは地球を救う」という命題を掲げ、
より良い地球の未来のために日本人百姓として出来ることを、
私たち自身が心より食べたいと思えるものを育て、皆様にお届けいたします。

農薬を手放しで悪者扱いしているわけではありません。また、止むを得ず農薬を使用する農家さんが悪いわけでは決してありません
長い歴史の中で私たちの食を支えてくださっている農家さんには感謝の言葉しかありません。
それでも、実は農薬を使うことで一番苦しんでいるのは、他でもない散布中に直接被害を受ける農家さん自身なんです。
田舎の農家さんの中には長年の農薬使用により健康状態を害してらっしゃる方もいらっしゃいます。

しかし、農薬や化学肥料に頼らない食べ物を摂ることは、昔はごく当たり前だったハズなのです。
大量生産こそ出来ないやり方だけれども、薬品に頼らなくともみかんを育てることは出来るのです。

自然栽培の優しい食品を摂り続けることで自分自身を守り、自分にとって大切な家族を守ることができ、
ひいては地球環境の循環を阻害しない農あるくらしをつくっていくことができます。

宗自然農園は、農薬に頼らず、自然・人・植物が自然に循環していけるお手伝いをしていきます。
後世まで残る持続可能な農あるくらしを目指し、これからも精進して参ります。
この文章を読んでくださっているあなた様と、この美しい星の循環に想いを寄せ、愛を溶かし合えますと幸いです。

最後までお読みいただき有難う御座います。引き続きの応援、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でJunpei Souをフォローしよう!

農あるくらしをシェアしよう!

  • Facebook
  • Google
  • Twitter
  • Pinterest
  • Instagram
  • BlogLovin
  • Flickr
  • RSS
  • Email
  • Custom 1
  • Custom 2
  • Custom 3
  • Custom 4
  • Custom 5

おすすめ商品

登録されている記事はございません。

農あるくらしをシェアしよう!

  • Facebook
  • Google
  • Twitter
  • Pinterest
  • Instagram
  • BlogLovin
  • Flickr
  • RSS
  • Email
  • Custom 1
  • Custom 2
  • Custom 3
  • Custom 4
  • Custom 5
ページ上部へ戻る