スポンサーリンク

おはようございます。宗自然農園の宗純平ことJPです。
みなさまは携帯電話やスマートフォンの通信費って、月にいくらぐらい掛かっておりますか?
私たち夫婦は共にドコモのiPhoneを使用しており、1台あたり12000円程度の通信費がかかっておりました。
夫婦で24000円程度です。
年間経費にすると通信費だけで288,000円。
かなり家計を圧迫しています。
ブログをご覧のみなさまにおかれましては同じような価格帯で使用されていらっしゃる方も多いのでないのでしょうか。
特別な贅沢をしているわけではないのに、毎月この維持費は正直キツいと兼ねてより感じており、なんとか少しでも経費削減できないかと試行錯誤している中で格安SIMを使用するという方法で大幅な経費削減に成功いたしました。いわば経費の断捨離です。

さて、今日は経費削減についてのお話です。

通信費は必要経費。とはいえ・・・

当農園の場合、農作物の宣伝および販売においてはほとんど自作のネットショップや食べチョクなどのサービス、SNSなどに依存しております。もちろん、オーガニック専門の卸業者様とのお取引もいただいておりますが、いずれにしてもインターネットや長時間の通話が必須です。おのずと携帯電話のプランも電話カケホーダイ、3GB程度のパケット通信の契約が必要な状態でした。
都市部で起業をする方は勿論必要でしょうし、田舎で農園を経営するにしても通信費は必要経費なのです。

通信費だけで家計全体の約25%を消費していた事実

必ず発生してしまう費用については致し方ないとしても、私たち夫婦は山間部に住居を構えていたため、電波のつながりやすいドコモの携帯電話を使うという選択肢しか残されておりませんでした。そのため、月間で24,000円程の通信費が発生していたのです。
自宅にはフレッツ光の固定費用+プロバイダー料金で5000円が別途必要な為これだけで税込30,000円弱のランニングコスト。
我が家は家賃1万円。食費が3万円。税金なども合計すれば生活費として約12万円。
そんな生活に対してこれだけの通信費が家計全体に占める割合は25%と、個人農家の事業にとってかなりの負担になっていました。
通信費のコスト削減は当農園の必須対策だったのです。

格安SIMに乗り換えることで通信費はこれだけお得になった

私は仕事で取引先様などとの長時間通話が多いため、通話はドコモのガラケーでカケホーダイプランを選択。(月:2,200円+パケットパック300円+端末代金分割で432円。これに各消費税をプラスすると合計3112円。)、移動先でナビ等を使用する為、元々ドコモで契約していたiPhoneを持ち込んでデータ通信専用SIMを楽天モバイルで契約(月:900円)。合計で約4,000円程度。

妻の場合は通話は10分以内無料、データ通信は3.1GBまで使い放題プランの楽天SIMを契約。(月:1,480円。)
端末は私と同じくドコモで使用していたiPhoneを持ち込んでの契約です。

これに自宅のネット回線費用を合計(概算)すると

4,000円+1,480円+5,000円=10,480円。

以前の使用状況と比較すると

24,000円-10,480円=13,520円。

なんと以前より50%以上も経費削減できるようになったのです。

年間経費にすると162,240円もの差額が発生します。
浮いた経費分を事業投資に回せば経営好転に大いに役立ちます。

気になる電波状況は?山間部でも問題なく使用できる?

実は以前から格安SIMについては知っていたのですが、私たちの住まいは農村地域。それも山間部エリアを中心に生活を営んでいるためネットはともかく通話が繋がりにくいと仕事に支障をきたす恐れがあり、ずっと二の足を踏んでいました。
ところが、色々と調べていくうちに楽天SIMはドコモと同じ電波帯を使用していることが分かりました。
つまり、ドコモのSIMを使用している人も楽天SIMを使用している人も、ほぼ遜色なくこれまで通り使用できるのです。

実際、楽天SIMと契約した後に山間部の蜜柑畑で電波状況をCheckしてみましたがネットも通話も実に快適です。
今まで悩んでいたのが何だったんだろう・・・と思うぐらい普通に使えました(笑)

どうやって契約するの?手順について!

これは初めての方には少し面倒ではありますが、これまでに携帯電話の機種変更や他社へのお乗り換えを経験された事がある方ならば大丈夫♪基本的に考え方はこれまでと一緒です。簡単に流れを説明すると。

手順1.現在契約しているキャリアのお客様サポートセンターに電話する

ドコモ:0120-800-000(ドコモ携帯からは151)にTEL
au:0077-7-111(au携帯からは157)にTEL
ソフトバンク:0800-100-5533(ソフトバンク携帯からは*5533)にTEL

手順2.『MNP予約番号』を発行してもらう

大抵電話が混み合っているのでお時間に余裕があるときに。

手順3.MNP予約番号の有効期限内に契約したい格安SIMの受付窓口へGO

発行した予約番号には有効期限があります。(ドコモの場合は2週間)
その有効期限内にあなたが契約をしたいと思う格安SIM提供事業社の受付窓口へ行って契約をしてください。
万一、有効期限内に来店ができず期限が切れてしまった場合でも大丈夫。もう一度予約番号を取り直す手間はありますが、基本的に何も差し支えは無く、ただMNP予約番号の発行がキャンセル扱いになるだけです。
つまりキチンと乗り換え先のキャリアと契約が締結する前に、いきなりあなたの電話が使えなくなるようなことはありませんのでご安心くださいませ。

無事に契約が完了した後は開通するまで10分程度待っているとこれまでと同じように携帯電話の使用が可能になります。

費用について

受付時に店頭で必要な費用はありませんが、契約時に事務手数料として3,240円、乗り換え前のキャリアにて違約金が発生する場合は10,000円程度の違約金が翌月の携帯電話料金と合算で引き落としとなります。

乗り換えるなら月末がオススメ

ドコモをはじめ、おそらくほとんどのキャリアで契約料金の日割り計算ができないと思われます。
そのため、月の途中で契約をスタートするよりもできるだけ月末に乗り換えをした方が無駄を省けてお得になります。

楽天SIM以外にも様々なキャリアがある

通信費について真剣に削減を考えている起業家の方や、10~30代の若手の方には既に一定数の支持を得ているであろう格安SIMですが、今回私たちが契約した楽天SIM以外にも様々なキャリアがあります。
通話かけ放題+インターネットを使用できるY!mobile(ソフトバンクと同じ回線を使用)や、UQmobile(auと同じ回線を使用)などが有名どころでしょうか。種類が多すぎてこの記事内ではとてもご紹介し切れませんが、楽天モバイル以外にも「これは良い!」というサービスで提供しているキャリアを一部ご紹介。

DOCOMO & AU ユーザーにオススメ!

BIGLOBE WiAMX2+のギガ放題が最大2カ月間2,695円(税別)/月!


なんと驚異の月額400円!!

もちろん、お得なだけではなく通話も問題なく使えます。私たちが選んだ楽天SIMより安い・・・!!
繰り返しますが、格安SIMだからって特別電波が繋がりにくいなんていうことはありません。
今あなたがお使いのDocomo、Auのスマホとほぼほぼ同じ感覚で使っていただくことが可能です。

ソフトバンクユーザーにオススメ

LINEモバイル

今なら2周年記念で月額300円で使用できるキャンペーン中みたいです!(2018.9.7現在)
もちろん、電波回線はソフトバンクと同じ回線を使用。LINEモバイルに変えたからってあなたが特別不利になることはありません。

数ある格安SIMのキャリアの中でも安いところは(根気強く探せば)たくさんありますが、
やはりあまり知名度が無いキャリアを選ぶのは少し怖いですよね。
そういった意味ではBIGLOBE、LINEは価格・知名度の両方を兼ね備えた2社ですよね!
安心感をお得に買える格安SIMってなかなかに魅力的だと思いませんか・・・?

 

さいごに

いかがでしたでしょうか?
お得なのは分かるけど、なんだかややこしそうだし、ちょっと不安・・・。
そう思うお気持ちはすごく分かります。私たちもそうでしたから(笑)

ただ、実際に使ってみた感想としてはすごく快適で何の問題もありませんでしたよ!!
こんなことなら、もっと早く変えておけば良かったと思いました!

気にはなっていたけど二の足を踏まれていらっしゃったあなた様にとって、今回の記事が少しでもお役に立てますと幸いです♪



スポンサーリンク
あなたにおすすめの記事