注目の記事
みかんの保存方法まとめ
スポンサーリンク

あなたにはこんな悲しい経験がないでしょうか?

大切な人へのプレゼントに。家族みんなで楽しむために。ご近所様や友人へのお裾分けに。
甘くて酸っぱくて、食べるとなんだか元氣になる。
そんなみかんをたくさん食べたい!

そんな風に、ワクワクしながら美味しそうなみかんを箱買いしたのに、少し時間が経ったら・・・なんと!全部傷んでいる!!

自然のものなので、ある程度は仕方がないとはいえ・・・できればこんな悲しい事態に陥ることは避けたいですよね。

今回はそんなあなたのために【みかんの保存方法】についてまとめました。

新鮮さが命のみかんを長い時間楽しむためにぜひご覧ください。

スポンサーリンク

みかんの保存方法:初級

みかん保存方法の基本

基本は冷暗所で保存することです。

みかんに限らず生鮮物は直射日光に弱く、温度が高い場所で保存すると傷みを早める原因となります。

10°C以下の日陰に置いておくようにすれば、箱のまま保存したとしても傷んでくるみかんの量をかなり抑えられます。

注意点

暖房の効いた部屋に保存するのは絶対にNGです。せっかくの新鮮な果実があっという間に傷んでしまいます。

みかんの保存方法:中級

自宅に適度な広さのスペースが確保できるのであれば、新聞紙を敷いてその上にみかんを広げ、さらに新聞紙で軽くかぶせるように蓋をして保存します。

この方法であれば、もし傷んでしまった果実があった場合すぐに発見できるようになり、他のみかんを傷ませる被害をあらかじめ防ぐことができます。

風通しが良くなるため、みかんを長持ちさせることができます。

スポンサーリンク

みかんの保存方法:上級

冷凍保存します。

冷凍みかんであればシーズンを越えていつでも美味しくみかんが食べられますし、ヨーグルトに混ぜたり、フローズンにしたりと様々なシーンでの活躍が見込めます。

難点としては、大量のみかんを冷凍するために大型の冷凍ストッカーが必要になること。

一般家庭ではなかなか実用化の難易度が高いかもしれません。

しかし、一年中好きなときに美味しいみかんが味わえる喜びを思えば、みかん好きとしては検討の余地があるのではないでしょうか?

急速冷凍機能付きの冷凍庫であれば、ご自宅にいながら、あのむかん(八ちゃん堂)のような冷凍みかんも楽しめますね。

みかんの保存方法:裏技

これは文字通り裏技なのですが・・・(笑)
みかんLOVERの方にとっては、おなじみの方法ですね。

みかんの箱を開封する際、いったん箱を裏返して開封してください。

箱の底の方にあるみかんから優先的に食べていくことで、傷みやすいものから先に消費できます。

箱のまま保存する場合にはこの方法が一番オススメできます。

まとめると

基本の保存方法

  • 冷暗所(10℃以下)にて保存
  • 暖房の入った室内には保存しない

箱のまま保存する場合

  • 箱を裏側から開封する
  • 底の方に入ったみかんから優先的に食べる

箱から出して保存する場合

  • 新聞紙にみかんを広げ、その上に新聞紙を軽くかぶせる
  • 業務用冷凍庫を所有していれば一年中美味しいみかんを楽しめる

以上、箱買いしたみかんの上手な保存方法についてのまとめでした。

でもやっぱり、みかんは新鮮なうちが一番美味しいので、お手元に届いたらできるだけ早めに食べてくださいね♪

こちらの記事もおすすめです。

スポンサーリンク

農あるくらしを
フォローしよう

最新情報をお届け致します

Follow us on Twitter

あなたにおすすめの記事