注目の記事
みかんの葉っぱが黄色いときの対処法
スポンサーリンク

お庭やベランダ菜園で、大切にお世話をしていたみかんの木。すくすく成長して、美味しい果実をたくさん成らせてくれて、やったー!!

と、思いきや・・・

なんだか葉っぱが黄色いぞ・・・?

このままだと最悪、木が枯れてしまうんじゃないだろうか。

そんな経験はありませんか?

ネットで対処法を調べれば色々出てくるけれど、ほとんどが化学薬品を使用した方法ばかり。

木のためにも環境のためにも健康のためにも、できるだけオーガニックな対処方法で解決できれば嬉しいですよね。

今回は【みかんの葉っぱが黄色くなってしまった時のオーガニックな対処方法】について、自然栽培農家の視点からご紹介します。持続可能(サスティナブル)な家庭菜園にお役立てくださいませ。

※この記事では「環境にやさしいオーガニックな家庭菜園を楽しみたい方」向けに情報を公開しております。「自然栽培」でみかんを栽培する場合は原則的に何も外部から持ち込まないため、この記事内で紹介している対処法とは一部対処法が異なります。自然栽培について詳しく知りたい方は、本ブログでの今後の更新をお待ちいただけますと幸いです。

スポンサーリンク

みかんの葉っぱが黄色い原因

黄色くなってしまったみかんの葉っぱ

原因1.微量要素の欠乏

みかんの葉っぱが黄色くなってしまう状態のことは、「黄化葉」とよばれています。

微量要素であるマグネシウムがみかんに不足している場合に起きる症状ですが、カリウムが不足している場合にも類似の症状が見られます。

原因2.カミキリムシ(テッポウムシ)が巣食っている

みかんの天敵:カミキリムシ

みかんにはカミキリムシという天敵が存在します。

カミキリムシは樹勢の衰えている木をメインターゲットに、5~6月にかけて木の根元などの目立たない場所に卵を産みつけます。

このカミキリムシの幼虫のことをテッポウムシというのですが、テッポウムシが巣食ってしまった木は、芯部に向かってどんどん食べられてしまい、健康な樹木が育ちづらくなってしまいます。

早めに見つけ出して対処できれば良いのですが、テッポウムシによる食害を放置してしまうと木がどんどん弱ってしまい、最悪の場合枯れてしまいます

このテッポウムシに食害されてしまったみかんの木は少しずつ元氣が無くなり、葉っぱも黄色くなる場合があります。

原因3.冬の寒さで弱っている

冬の寒さで弱っているみかんの葉っぱが黄色くなっている

みかんは比較的、丈夫な果樹ですが、寒さに対してそこまで強くはありません。

冬の間に厳しい寒さにさらされることで樹勢(木の元氣の良さのこと)が弱まり、葉っぱの先が丸まってきたり、黄色くなってくることがあります。

オーガニックな対処方法

自然栽培みかん 持続可能(サスティナブル)な農法で栽培を行っています

みかんの葉っぱが黄色い主な原因を3つに分けてご紹介しましたが、いずれもみかんの木の樹勢を回復させることで対処可能です。

それでは化学薬品に頼らず、オーガニックな方法で樹勢を回復させる方法を見ていきましょう。

草木灰を撒いてあげる

樹勢回復に効果的な草木灰のチカラ

草木灰(そうもくばい)とは、自然の草木を燃やして灰になったものです。

この草木灰には天然のカリウムが豊富に含まれていて、樹勢の衰えてしまった木をグンっと元氣づけてくれます。

燃やしたものが草なのか木なのか、それによって含まれる成分が変わってきますが、黒い灰のものより白い灰のものの方がアルカリ性が強く、より多くの有効成分が含まれています。

私は竹林を整備したときに燃やした竹灰や、みかんを剪定した際に出た剪定クズを燃やし、その灰をみかん畑にも撒いていますが、樹勢の回復具合には目を見張るものがあります。

都市での家庭菜園では草木灰の自給が難しいと思いますが、今はインターネットでもお手軽に取り寄せできるので良い時代になったものですね。

草木灰は天然資源にこだわったものを選ぶようにしてください。

ちなみに草木灰を株元に撒いてあげることでカミキリムシが寄ってきにくくなる効果もかなり期待できます。

!注意点!

草木灰は土の成分をアルカリ性に調整してくれる作用があります。

ただし、大量にあげすぎると土が極端にアルカリ性に傾いてしまい、生育を阻害してしまいますので、あげすぎに注意してください。

みかんの株1本に対して少量の灰(こぶし一握り分ぐらい)で充分です。

もし不安なときは家庭用の安価なものでもかまいませんので、酸度計を使用すると安心です。

【草木灰を安心して利用するために】
酸度計を使用してphを計測。phが低い(土が酸性)場合は灰を撒いても大丈夫。phが高い(土がアルカリ性)場合は灰を撒くことはやめておきましょう。ちなみ、みかんを育てる土のphは5~6が好ましいといわれています。

有機質の肥料や堆肥を施す

有機質の肥料や堆肥を施すことで、オーガニックな方法にて樹勢の回復が可能です。

木を大きく健康にしたときには窒素、実つきが悪い時にはリン酸、根を強く張らせたいときにはカリウム、という具合に、プロ農家は植物の状態に応じて肥料を使い分けていますが、そこまで難しいことを考えなくても、みかんはちゃんと育ちますので安心してください。

手づくり堆肥で対応する

有機肥料については市販のものもありますが、私は堆肥を自家製でつくることをおすすめします。

自家製堆肥であればコストも最小限に抑えられますし、何より生ゴミからでもつくることができるので持続可能(サスティナブル)で無駄がありません。

生ゴミから堆肥をつくるときにはこれらの道具があればバッチリです。

ベランダ菜園やさらに良質な堆肥が必要な場合は少し手間がかかりますが、米ぬかぼかしが一番のおすすめです。

米ぬかぼかしは米ぬかを原料に発酵させた肥料で、良質な土壌改良材としてかなり優秀です。リン酸も豊富なため実つきが良くなり、さらに収穫量アップも期待できます。

米ぬかをベースに様々な作り方がありますが、我が家の家庭菜園で使用している材料は

  • 米ぬか
  • 籾殻
  • 糖蜜
  • キトサン

たったこれだけです。全て揃えても5000円以下!インターネットで入手可能ですが、大量に米ぬかが欲しい場合は精米所で譲ってもらう方法や、自分で精米した米ぬかを利用する方法もあります。

家庭用精米機があれば、いつでも新鮮な米ぬかが調達できますね。

健康的な玄米と、食べやすい白米を食べ分けたい問題もコレさえあれば解決します。

オーガニック(無農薬)のお米を精米した米ぬかでお漬物を仕込んだり、美容のために米ぬかを利用する、といったこともコレがあればお手軽にできるようになります。

EMぼかしや米ぬかぼかしの作り方については検索すればたくさんの情報が出てきますので、ここでは割愛させていただきます。ご自身の栽培方針に沿って各自研究を行ってみてください。

当ブログでは今後「オーガニックな家庭菜園」に特化した米ぬかぼかしの作り方を公開予定です。

手づくり堆肥のメリット・デメリット

メリットは低コストで持続可能なこと。市販の肥料を購入するよりも環境への負荷も少ないです。

デメリットは少し手間がかかることとでしょうか。

(追記)手作りの米ぬかぼかしを仕込む暇が無い、そんな場合には市販品の米ぬかぼかしもあります。

手作りした方が割安ではありますが、省スペースで行う家庭菜園の選択肢としては量も充分だと思いますし、これはアリかもしれませんね。

キトサンの葉面散布

キトサンは甲殻類(主にカニ)の殻を精製抽出した天然資源で、農薬でも肥料でもありませんが葉面散布をしてあげたり、株元に水で希釈したキトサンを注水することで樹勢をグンっと回復してくれます。

キトサンには植物の根を伸ばす活力を増強したり、土中の悪玉菌を退治してくれる効果があります。さらに病害虫の予防にも役立ってくれます。

家庭菜園での使い方

  1. 霧吹きにキトサンを入れ、300~400倍に水で希釈します。
  2. 葉っぱや土に直接スプレーする

たったこれだけで樹勢回復にかなりの効果が期待でき、黄色くなってしまった葉っぱも色づきを取り戻し、みかんの木を元氣にしてくれます

みかんへの効果は大したものだというのが正直な感想ですが、キトサンは家庭菜園の野菜にも効果テキメンです。

上記にご紹介した米ぬかぼかしを手づくりする際にはキトサンを混ぜて使用していましたが、私たちの家庭菜園でつくった大根。

昨年からキトサンを使用し始め、甘みがグンと増しました

以前は大根は煮物がメインの使い方だったのですが、今では生のまま大根サラダにしてシャキシャキと食感を楽しむことができるように。

大根も甘いですが、味の決めては自家製ポン酢ですね。

お好みの醤油と、青蜜柑の100%果汁を1:1で混ぜ合わせてつくります。

自家製ポン酢のオーガニック大根サラダ
自家製ポン酢のオーガニック大根サラダ

最近はこの食べ方が一番美味しいように感じています。

青蜜柑100%!元気の果汁

青蜜柑100%!ハクション、ズルズル・・・な季節サポートにも大活躍の健康果汁です。醤油と割ってポン酢に。豆乳と混ぜてラッシーに。

スポンサーリンク

みかんの葉っぱが黄色くなっても大丈夫

ポイント
  • 樹勢を保つこと
  • テッポウムシの被害に気を配ること
  • 草木灰やキトサンが効果的で防虫効果も期待できる

葉っぱが黄色くなってしまったみかんの木を見ると心配になりますよね。

今回の記事でご紹介した対処方法を知っておけばオーガニックな方法で対処可能です。

本格的な農業も、家庭菜園も、できるだけ環境に負荷をかけない、持続可能(サスティナブル)なカタチで循環していけると素晴らしいですね。

あなたの心と行動は必ず伝播していきます。

今日も宇宙が平和でありますように。

スポンサーリンク

農あるくらしを
フォローしよう

最新情報をお届け致します

Follow us on Twitter

あなたにおすすめの記事