スポンサーリンク

胡麻は紀元前3000年頃、アフリカのナイル川流域で栽培がはじまったとされています。
その後世界に広まり、日本に入ってきたのは縄文時代後期と言われています。
その驚くべき効能は紀元前300年頃には中国の「神農本草経」に記されており、
近年、身体に有効な成分を多量に含んでいることから、健康食品としての評価が高まっています。

今回の記事では、胡麻のもつ有効成分とその驚くべき効能についてご紹介します。

測り知れない胡麻のパワー

胡麻の有効成分と効能 

  蛋白質 脂質 ビタミン ミネラル その他
有効成分 メチオニン

トリプトファン

リノール酸

リノレン酸

オレイン酸

βカロテン

ビタミンB1/B2

ナイアシン

ビタミンE

カルシウム

リン

セレン

セサミン

セサモリン

効能 肝機能の正常化

腎臓病予防

成人病予防

コレステロール低下作用

動脈硬化予防

心臓病予防

生理活性化

老化の予防

骨粗鬆症予防

貧血症予防

細胞賦活作用

抗酸化作用

脂肪の酸化を防ぐ

集中力や記憶力を高めてくれる胡麻のパワー。

ごまのもつ蛋白質として、主に2つの有効成分があります。

  • メチオニン
  • トリプトファン

メチオニンは肝機能を高め、アレルギーの原因となるヒスタミンを抑える働きがあります。
不足すると利尿能力が低下するため、むくみが生じます。


トリプトファンには不眠解消、アンチエイジング、鎮痛、集中力、記憶力を高めたり、月経前症候群(PMS)を改善する効果があります。

脂質

ごまのもつ脂質には美白効果などがあります。

 

脂質としては3種類の有効成分をごまは持っています。

  • リノール酸
  • リノレン酸
  • オレイン酸

リノール酸には シミ予防、メラニン還元作用によりシミやくすみを薄くする効果、肝斑の改善効果、美白効果などが期待できます。

リノレン酸には 血流改善、血栓予防効果、アレルギーを抑制する効果、老化を予防する効果、うつ症状を軽減する効果があります。

オレイン酸には コレステロール値を下げる効果、動脈硬化や心疾患を予防する効果、便秘を解消する効果があります。

ビタミン

ビタミンEは他の栄養素と併せて摂取することで相乗効果が期待できる栄養素です。
不妊症の研究で発見されました。

ビタミンとしては4種類の有効成分が挙げられます。

  • βカロテン
  • ビタミンB1/B2
  • ナイアシン
  • ビタミンE

◎βカロテンは 夜盲症の予防・改善効果、黄斑変性症を予防する効果、粘膜を健康に保つ効果、美肌効果、体の成長を促進させる効果の他にガンを予防および抑制する効果などがあります。

◎ビタミンB1は 糖質からのエネルギー産生と、皮膚や粘膜の健康維持を助ける働きをします。

◎ビタミンB2は 成長を促進する効果、生活習慣病の予防・改善効果、ダイエット効果、糖尿病を予防する効果、粘膜や皮膚を健康に保つ効果などを持っています。

◎ナイアシンは 粘膜や皮膚を健康に保つ効果、二日酔いを防ぐ効果、血行を促進する効果があります。

◎ビタミンEは ビタミンEは不妊症の研究がきっかけで発見されたビタミンです。不妊治療効果、脂肪の酸化予防に効果があります

ミネラル

ミネラルは5大必須栄養素

    4種類が挙げられます。

    • カルシウム
    • リン
    • セレン

    ◎カルシウムは 神経筋興奮、血液凝固、生理活性物質の分泌、筋肉の収縮・伸長・興奮性の抑制、酵素反応、ホルモンや神経伝達物質の放出反応、ホルモンの細胞内情報伝達作用など、生命を維持する上で重要な生理機能の調節を担っています。

    カルシウムの摂取が目的で牛乳を飲むのは健康的ではないことが分かっているので、カルシウムを手軽に補給できるゴマが役に立ちます。

    ◎リン

    骨や歯を形成する重要な栄養素で、不足すると骨粗鬆症や動脈硬化の原因になります。

    ◎鉄

    ヘモグロビンのもとになる成分で、ヘモグロビンの働きによって赤血球がつくられます。

    ヘモグロビンは、呼吸でとり込んだ酸素と結びつき、酸素を肺から体のすみずみまで運ぶという重要な働きをしています。

    ◎セレン

    セレンは体内のサビつきでガンや老化の原因となる「活性酸素」を除去する働きがあります。

    上記のビタミンEと併せて摂取することでより効果的になります

    老化や病気から体を守る効果、ガンを抑制する効果などがあります。

    その他

    強い抗酸化作用をもつ胡麻。
    あなたの老化防止に役立ちます。

    • セサミン
    • セサモリン

    ◎セサミンには 肝機能を高める効果、コレステロール値を下げる効果、高血圧を予防する効果、ガンを予防および抑制する効果などがあります。ビタミンEは、セサミンと併せて摂取することで血液中の量が2倍になることが近年の研究によって明らかになっています。

    ごまに含まれるパワフルな抗酸化作用をもつ栄養素としても有名です。

    ◎セサモリン セサミンと同じく、抗酸化作用をもつ栄養素です。ゴマのもつ有効成分には、セサミンおよびセサモリン、セサモリノール、セサミノール、ピノレシノール、シンプレオキシドアグリコンからなるリグナンという成分が含まれています。

    セサモリンは酸加水分解により、セサモールとサミンになり、セサモールには、強い抗酸化作用があることが分かっています

    まとめ

    以上、胡麻のもつ有効成分でした。
    胡麻は他の野菜と比べて質量が軽いので摂取しやすい野菜ですね。
    炊きたての玄米の上に振りかけて食すのも香ばしくさがUPして美味しいうえに、
    玄米に不足しているミネラル分の補足もできておすすめです。
    生活の中に積極的にごまを取り入れて健康的な食生活を楽しみましょう。

    スポンサーリンク

    農あるくらしを
    フォローしよう

    最新情報を速達でお届け致します

    Follow us on Twitter

    あなたにおすすめの記事