スポンサーリンク

市場では甘〜いみかんが大人気ですが、ただ甘いだけのみかんじゃあ、
昔ながらのみかん通の玄人はなかなか満足しません。

昔からみかんが大好きで、
欠かさず食べ続けてきたという熊本南部にお住まいのおばあちゃん(みかん暦70年)は大のみかん通。

おばあちゃんに言わせれば、ほどよいな酸味と口当たりの良い甘さとのバランスが美味しさの秘訣であり、みかんを美味しいと感じるには甘さだけではなくパンチの効いた酸味こそが重要だということ。

 

「最近スーパーで売っとるみかんは味が薄いけんね...」

そう言っていたみかんソムリエなおばあちゃんに、「甘くて美味しいみかんの見分け方」を聴いてきました。あなたの大切な人へみかんを贈る際などにどうぞお役立てください。

おばあちゃんいはく「イマイチなみかん」

悪くはないけどイマイチなみかん。
皮が厚めで張りがなく、重量もそこそこ。

見た目には色が濃く、よくスーパー等で見かけるみかんだと思います。
実際食べてみた感想としては「可もなく不可もなく」といったところで、美味しい!という感動はありませんでした。いわゆる、普通のみかんだな〜と。

味が極端に薄いなどの外れを引くことはあれど当たりを引いたことはあまりありません。
ソムリエおばあちゃんが「味が薄い」と言っていたのがこの手のみかんです。

手頃な価格で購入で、どこででも購入できるのがメリットですね。

小粒のみかんは甘くて濃い

大きなみかんと小さなみかんの比較

大きなみかんは見た目のインパクトが凄い存在感を演出しているのですが、味が薄くなちがちで、特に皮が浮いているものは味が落ちていることが多くあまりオススメできません。

小さなみかんは甘くて濃い味に仕上がることが多いです。甘いみかんを選ぶ際は、小さめ〜手のひらに収まるぐらいのサイズがソムリエおばあちゃんのオススメだそうです。

皮が薄くて、表面から見て粒が一粒ずつ分かるものがウマイ

皮の表面に小さな粒が
たくさん出ているのが分かります。

 

皮が薄くて張りがあるみかんは、中身がギッシリつまっているため手に持つと見た目よりもずっしりと重いです

実際に食べてみてもプリプリっと弾けるようなジューシーな食感がクセになり、強めの酸味が口当たりの良い甘さを引き立ててくれます。

反対に、皮が厚くてぶかぶかしているみかんは、中身の質量も少なく味が落ちていることが多いです。

みかん本来の味が損なわれ、水っぽくなっているため「みかんを食べている」という満足度は低めです。

皮の表面についていることがある黒い点々はカンキツ黒点病という病名が一応つけられていますが、全くの無害です。

ご心配な方はこちら↓にその理由を記載してますのでご覧ください。


皮が薄くて表面に粒が見え、張りがあるものを選べば間違いないです。

まとめ

皮が薄く、中身がギッシリ詰まった金の蜜柑。
みかん本来の、昔ながらの野生的な味わいです。

 

【みかん選び5つのポイント】
  1. 小さめ〜手のひらに収まるぐらいのサイズ
  2. 皮が薄く、張りがあるもの
  3. 皮の表面の粒がはっきり確認できるもの
  4. 手に持つと見た目よりも重量がある
  5. 表面の黒い点々は完全無害

以上、5つのポイントを気にしながらみかんを選んでいただけると
美味しく新鮮なみかんを選んでいただけると思います。

 

以上、みかんを愛して70年!みかんソムリエおばあちゃんに聴く、美味しいみかんの見分け方でした。
今年もあなたの食卓へ美味しいみかんが届けられますように。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

農あるくらしを
フォローしよう

最新情報を速達でお届け致します

Follow us on Twitter

あなたにおすすめの記事